コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギャチュンカン Gyachung Kang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギャチュンカン
Gyachung Kang

中国では格仲康の字をあてる。ヒマラヤ山脈中部,クーンブヒマール (エベレスト山群) の高峰。ネパールと中国チベット (西蔵) 自治区との国境をなす稜線上に位置する。標高 7922m。ゴジュンバ氷河の奥にあり,南方から見ると台形の岩壁が城塞のように切立っている。 1964年5月,日本の長野県山岳連盟隊 (隊長古原和美) がゴーキョを経てゴジュンバ氷河にベースキャンプを設置し,初登頂に成功した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ギャチュンカンの関連キーワードゴジュンバカン山野井泰史

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギャチュンカンの関連情報