コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギャラルホルン ぎゃらるほるん

デジタル大辞泉プラスの解説

ギャラルホルン

《Gjallarhorn》北欧神話に登場する架空の楽器。アース神族の王国の門番、ヘイムダルが持つ角笛で、これが吹かれるときはラグナロク(終末の日)が到来したことを意味する。「ギャルの角笛」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のギャラルホルンの言及

【ヘイムダル】より

…鳥よりも睡眠を必要としないし,夜でも昼でも100マイル離れた所まで見え,草の生長する音や羊の毛の伸びる音まで聞き取れる。ギャラルホルンというラッパをもち,その音は世界の隅々まで聞こえる。原初に9人の巨人の娘から生まれたという。…

※「ギャラルホルン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ギャラルホルンの関連キーワードミミルの泉