ギヤ・ド・ペカドル(読み)ぎやどぺかどる(英語表記)Gvia do Pecador

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギヤ・ド・ペカドル
ぎやどぺかどる
Gvia do Pecador

「罪人の導き」の意で、キリシタン版の一種。「ぎやどぺかどる」とも書く。スペインのドミニコ会司祭ルイス・デ・グラナダの原著(1555刊)の抄訳本で、1599年(慶長4)に長崎で出版された。国語国字本2巻で、『きやとへかとる』の表題の下に「罪人を善に導くの儀也」とあり、神の十戒を説き、救霊、修徳の指針としたものである。巻末に字集が付されており、新旧約聖書や聖人の著書から、ことに聖アウグスティヌスの引用句が多い。本書はキリシタンの知識階級の人々の間で広く読まれた。ロンドンの大英図書館などに数本が現存する。[松田毅一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android