コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギヨーム・ル・ブルトン Guillaume le Breton

1件 の用語解説(ギヨーム・ル・ブルトンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ギヨーム・ル・ブルトン【Guillaume le Breton】

1159?‐1227
フランス年代記作者。12歳で故郷のブルターニュを離れ,初めはマント,次いでパリに学んだ。1195‐1200年ころ尊厳王フィリップ2世の側近になり,王の礼拝堂付き司祭に任じられた。王の離婚と再婚に際しローマに交渉に送られたり,王の庶子ピエール・シャルロの教育も託されている。ラテン詩《フィリッピデPhilippide》10巻のほか,リゴールRigordの未完の《尊厳王フィリップの事績Gesta Philippi Augusti》を基に1220年までの王の事績をラテン語の散文で叙述した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギヨーム・ル・ブルトンの関連キーワードフランス組曲年代記物フランス窓ドニゴールドニゴール修道院フォーマスターズ教会フランスソワールマンデスフランスフランステレビジオンペキネ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone