コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギヨーム・ル・ブルトン Guillaume le Breton

世界大百科事典 第2版の解説

ギヨーム・ル・ブルトン【Guillaume le Breton】

1159?‐1227
フランスの年代記作者。12歳で故郷のブルターニュを離れ,初めはマント,次いでパリに学んだ。1195‐1200年ころ尊厳王フィリップ2世の側近になり,王の礼拝堂付き司祭に任じられた。王の離婚と再婚に際しローマに交渉に送られたり,王の庶子ピエール・シャルロの教育も託されている。ラテン詩《フィリッピデPhilippide》10巻のほか,リゴールRigordの未完の《尊厳王フィリップの事績Gesta Philippi Augusti》を基に1220年までの王の事績をラテン語の散文で叙述した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ギヨーム・ル・ブルトンの関連キーワード平治ビクトル4世成吉思汗忠快紀二位忠快藤原惟方源義経バトゥ源義経

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android