コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギラルドス・カンブレンシス Giraldus Cambrensis; Gerald of Wales

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギラルドス・カンブレンシス
Giraldus Cambrensis; Gerald of Wales

[生]1146
[没]1223頃
ウェールズの歴史家。ウェールズのセントデービッズ市の司教に指名されたが,カンタベリーに対立するウェールズの独立教会の出現を恐れるイギリスの教会の反対にあって実現しなかった。しかし他のいくつかの要職につき 1181年には第3次十字軍参加を呼びかける説教活動を行なった。著書に『ヒベルニア地誌』『ヒベルニア征服記』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ギラルドス・カンブレンシスの関連キーワードエルディグズ朝フィリップ大友能直フィリップ[2世]フィリップフィリップ2世ネマニッチ朝フィリップ2世中部電力東日本大震災による被害と復興の現状

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android