ギリシア内乱(読み)ギリシアないらん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギリシア内乱
ギリシアないらん

1946~49年ギリシアで起こった左派系の自由ギリシア政府と国王政府との戦闘。第2次世界大戦後のギリシアで,復位した国王ゲオルギオス2世下の新政府(首班ゲオルギオス・パパンドレウ)と,大戦中ドイツ占領軍に抵抗運動を続けていた民族解放戦線 EAM(→ギリシア抵抗運動)が対立し,内乱となった。1947年12月,EAMは北部山岳地方に臨時政府の自由ギリシア政府(首班マルコス・バフィアジス)の樹立宣言を行なうほど優勢であったが,1948年2月,トルーマン・ドクトリンによって編成された米英軍事使節団と軍事資材の援助を受けた国王政府軍がしだいに勢力を盛り返し,1949年10月臨時政府側が降伏した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android