コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギルト・エッジド証券 ギルトエッジドしょうけんgilt‐edged securities

1件 の用語解説(ギルト・エッジド証券の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ギルトエッジドしょうけん【ギルト・エッジド証券 gilt‐edged securities】

単にギルトエッジともいい,金縁(きんぶち)証券と訳す。名前は1694年発行の8分利付国債が縁を金色にいろどったことに由来する。ロンドン証券取引所に上場されているイギリス中央政府発行の債券。さらに地方自治体,公社,およびイギリス連邦諸国の中央政府,地方自治体ならびに公社の債券をも含むことがある。ふつうは大蔵省証券(TB)を含まない。1850年代に創設されたコンソル公債が代表であったが,第1次大戦前には国債のほとんどがコンソルで占められたためである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone