コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギンタカハマ(銀高浜) ギンタカハマ Tectus pyramis

1件 の用語解説(ギンタカハマ(銀高浜)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ギンタカハマ【ギンタカハマ(銀高浜) Tectus pyramis】

ニシキウズガイ科の大型巻貝。殻の高さ8.5cm,太さ8.3cmに達するものもあるが,日本沿岸ではこのように大型にならない。正円錐形であるが,幼貝では下端のまわりに短い管状突起があり,成長するとしだいに消失する。厚質堅固。巻きは12階あり,各階の膨らみは弱く平ら。殻表に緑褐色の濃淡の斑がある。下面は平らで銀白色。ふたは円形で薄く,黄褐色。房総半島以南~熱帯太平洋に広く分布し,潮間帯付近の岩礁にすむ。肉は食用とし,殻は貝細工に使うが,以前はヒロセガイ(広瀬貝)といい,サラサバテイラ(タカセガイ(高瀬貝))とともに殻を丸く切り取ってボタンを製造した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のギンタカハマ(銀高浜)の言及

【サラサバテイラ(更紗馬蹄螺)】より

…【波部 忠重】。。…

【サラサバテイラ(更紗馬蹄螺)】より

…肉は食用にする。 近縁種のギンタカハマT.pyramis(商品名ヒロセガイ(広瀬貝))はこの種に似るが,円錐形の殻の上方の巻きには管状の突起があるが下方の巻きでは消失し,緑褐色の濃淡の斑がある。房総半島以南~熱帯太平洋に広く分布し,潮間帯下の岩礁にすむ。…

※「ギンタカハマ(銀高浜)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギンタカハマ(銀高浜)の関連キーワード腰高雁空サラサ馬蹄螺千種貝馬蹄螺揚巻貝石畳貝疣細螺細螺久保貝逆巻貝

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone