ギンポ(銀宝)(読み)ギンポ(英語表記)Enedrias nebulosus

世界大百科事典 第2版の解説

ギンポ【ギンポ(銀宝) Enedrias nebulosus】

スズキ目ニシキギンポ科の海産魚。日本各地,千島,サハリン,朝鮮半島などに分布し,沿岸の磯や内湾の海藻のよく茂った場所に多い。全長20cmになる。地方名が多く,大阪や三重でカミソリ,浜名湖でカミソリウオ,和歌山でカミソリウナギ,水戸でナギナタと呼ばれるが,いずれも体が細長く,平らであり,〈剃刀〉の刃などに形がよく似ていることによる。また,鹿児島でアブラメ,広島でナベコワシ,高知でナマズ,下関でカッチョと呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android