コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギンポ(銀宝) ギンポ Enedrias nebulosus

1件 の用語解説(ギンポ(銀宝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ギンポ【ギンポ(銀宝) Enedrias nebulosus】

スズキ目ニシキギンポ科の海産魚。日本各地,千島,サハリン朝鮮半島などに分布し,沿岸の磯や内湾の海藻のよく茂った場所に多い。全長20cmになる。地方名が多く,大阪や三重でカミソリ,浜名湖でカミソリウオ,和歌山でカミソリウナギ,水戸でナギナタと呼ばれるが,いずれも体が細長く,平らであり,〈剃刀〉の刃などに形がよく似ていることによる。また,鹿児島でアブラメ,広島でナベコワシ,高知でナマズ,下関でカッチョと呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギンポ(銀宝)の関連キーワードシロギスブリマダイメゴチアオギスアサヒダイオオニベキグチトラギスマカジキ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone