クアラ・トレンガヌ(英語表記)Kuala Terengganu

世界大百科事典 第2版の解説

クアラ・トレンガヌ【Kuala Terengganu】

マレーシアの半島部の北東海岸,トレンガヌ川河口にある都市。トレンガヌ州の州都。人口22万8000(1991)の90%弱がマレー人で,華人の比率はマレーシアの主要都市中最低。ジョホール王国の時代から小工業が栄え,今日でも織物,染色で知られている。海岸に砂州が発達しているため小漁港しかなかったが,政府の産業振興政策により,1970年にヤシ油積出用の港湾施設がつくられた。【太田

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android