コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クアンニン省 クアンニンQuang Ninh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クアンニン〔省〕
クアンニン
Quang Ninh

ベトナム北東端の省。省都ホンガイ。北は中国と国境を接し,南東はバクボ (トンキン) 湾にのぞむ。住民にはベトナム人のほか中国系も多い。省の南部は「ホンゲイ炭」の名で世界的に有名な良質の無煙炭の産地で,幅 12kmの炭層が東のカイバウ島から西のドンチューまで約 150kmにわたって延びており,地表に近いので露天掘りも一部可能。国外からの需要も多く,カムファ港から積出され,貴重な外貨の収入源となっている。その他の特産物はニッケイ海岸線は変化に富み,景勝地として知られるハロン湾がある。面積 5939km2。人口 84万 8200 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クアンニン省の関連キーワードロンティエン寺バイチャイ橋モンカイ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android