コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クイクル Cuicul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クイクル
Cuicul

古代アフリカのマウレタニアヌミディアの境界付近の山中の都市。現アルジェリアのジェミラ。近郊のキルタの砦であったが,ネルウァ帝 (在位 96~98) のときローマ植民市 (コロニア ) となる。6世紀にイスラムに征服されるまで,周辺の穀物の集散地として栄えた。数多いローマの遺跡のなかでも,最もよく保存されており,1909年からの発掘で,カラカラ帝の凱旋門,神殿,キリスト教礼拝堂,劇場,市場,住居など,都市の全貌が明らかにされている。 1982年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android