クイナ(秧鶏)(読み)クイナ

世界大百科事典 第2版の解説

クイナ【クイナ(秧鶏)】

ツル目クイナ科の鳥の1種,または同科の鳥の総称。クイナRallus aquaticus(イラスト)はユーラシア大陸の中緯度地域に広く分布し,北方で繁殖するものは南方に渡って越冬する。日本では北海道の湖沼草地や湿性草原で繁殖するが,数は多くない。本州中部以南では冬鳥。全長約28cm。頭上から背,尾,褐色で黒斑があり,顔,のど,胸部は灰色,わきに褐色縦斑,腹部から下尾筒に白色黒色の横縞模様がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android