コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クイナ(秧鶏) クイナ

1件 の用語解説(クイナ(秧鶏)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クイナ【クイナ(秧鶏)】

ツル目クイナ科の鳥の1種,または同科の鳥の総称。クイナRallus aquaticus(イラスト)はユーラシア大陸の中緯度地域に広く分布し,北方で繁殖するものは南方に渡って越冬する。日本では北海道の湖沼の草地や湿性草原で繁殖するが,数は多くない。本州中部以南では冬鳥。全長約28cm。頭上から背,尾,翼は褐色で黒斑があり,顔,のど,胸部は灰色,わきに褐色縦斑,腹部から下尾筒に白色と黒色の横縞模様がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クイナ(秧鶏)の関連キーワード水鶏山原水鶏鰺刺烏帽子鳥籠の鳥鶴擬盗賊鴎緋水鶏姫水鶏モッキングバード

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone