コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クイントゥス[スミュルナの] Quintus Smyrnaeus

世界大百科事典 第2版の解説

クイントゥス[スミュルナの]【Quintus Smyrnaeus】

4世紀のギリシアの詩人。《ホメロスの続編》と題する14巻の英雄叙事詩の作者。生涯については不詳。ホメロスの《イーリアス》と《オデュッセイア》の間を補う目的で書かれたこの詩は,ヘクトルの埋葬からトロイア落城後ギリシアの軍勢が故国へ出発するまでの事件を取り扱う。アマゾンの女王ペンテシレイアの奮戦,アキレウスの戦死,アイアスの発狂,木馬の計略など,トロイア陥落にまつわるさまざまな物語が詳述され,トロイア戦争に関する失われた叙事詩群の内容を伝える貴重な資料となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android