コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クイントゥス[スミュルナの] Quintus Smyrnaeus

1件 の用語解説(クイントゥス[スミュルナの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クイントゥス[スミュルナの]【Quintus Smyrnaeus】

4世紀のギリシアの詩人。《ホメロスの続編》と題する14巻の英雄叙事詩の作者。生涯については不詳。ホメロスの《イーリアス》と《オデュッセイア》の間を補う目的で書かれたこの詩は,ヘクトルの埋葬からトロイア落城後ギリシアの軍勢が故国へ出発するまでの事件を取り扱う。アマゾンの女王ペンテシレイアの奮戦,アキレウスの戦死,アイアスの発狂,木馬の計略など,トロイア陥落にまつわるさまざまな物語が詳述され,トロイア戦争に関する失われた叙事詩群の内容を伝える貴重な資料となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クイントゥス[スミュルナの]の関連キーワードアカイア人アリオンクセノファネスチャップマンネストルヘシオドスホメロスギリシャ語トロイア戦争『イリアス』/『オデュッセイア』

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone