コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クオークグルオンプラズマ クオークグルオンプラズマquark-gluon plasma

1件 の用語解説(クオークグルオンプラズマの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クオークグルオン‐プラズマ(quark-gluon plasma)

ハドロンを構成する基本粒子クオークと、クオーク間にはたらく強い相互作用を媒介する粒子グルオンが、ばらばらになって自由に飛び回っている状態。ビッグバン直後の宇宙初期における超高温・超高密度下でそのようなプラズマ状態になっていたと考えられている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone