クキバチ(茎蜂)(読み)クキバチ(英語表記)stem sawfly

世界大百科事典 第2版の解説

クキバチ【クキバチ(茎蜂) stem sawfly】

膜翅目クキバチ科Cephidaeに属する昆虫の総称。腹部第2節がやや細くなっているため,一見ヒメバチ類のように見えるが,前胸背板が大きく,その後縁が直線状である点で区別できる。15mm内外の種類が多い。この科の昆虫は全北区に多く分布し,日本からは10種報告されている。このうちバラクキバチSyrista similisは,バラの新梢に産卵する害虫で,年1回,4月下旬より5月中旬にかけて成虫が出現する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android