クサゼミ(草蟬)(読み)クサゼミ

世界大百科事典 第2版の解説

クサゼミ【クサゼミ(草蟬)】

半翅目セミ科クサゼミ属Moganniaの昆虫の総称,またはそのうちの1種を指す。この仲間はその名のとおり,多くの種は樹木(木本類)でなく,ススキなどイネ科草本にすむ。沖縄本島以西(南)に分布している種はイワサキクサゼミM.minutaで,体長12~17mmと小さく日本最小のセミである。体は黒色で光沢があり,翅は透明。チガヤ,ススキなどにすむが,現在ではサトウキビ畑に大発生し,主要害虫として扱われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android