コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサネム(草合歓) クサネム Aeschynomene indica

2件 の用語解説(クサネム(草合歓)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサネム(草合歓)
クサネム
Aeschynomene indica

マメ科の一年草。田地や水辺の湿地に生え,茎は高さ 50~100cm,直立し,上部は中空。葉は互生し,偶数羽状複葉で,小葉は長さ6~9mmの線形で 20~30対あり,披針形の托葉がある。夏から秋に,葉腋にまばら総状花序を生じ,黄色の蝶形花をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クサネム【クサネム(草合歓) sensitive joint‐vetch】

水田や川のほとりなど,日当りのよい湿地に生えるマメ科の一年草(イラスト)。葉がネムノキのようにたくさんの小葉をつけるため,クサネムという。高さ50~100cm。茎は緑色で無毛,よく枝分れする。葉は互生し,基部に托葉があり,羽状複葉で40~60枚の偶数個の小葉をつける。小葉は狭長楕円形,長さ10~15mm,幅2~3.5mm,両面無毛で裏面はやや白い。花は葉腋(ようえき)から出る花軸上に総状に集まってつき,8~10月に咲く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クサネム(草合歓)の関連キーワード梅鉢草大桜草歌仙草鷺草日照子日当り蛇行する川のほとりノウルシヌメリグサ《小川のほとりの楽曲》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone