コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサノオウ(草の王)(読み)クサノオウ(英語表記)Chelidonium majus var. asiaticum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサノオウ(草の王)
クサノオウ
Chelidonium majus var. asiaticum

ケシ科の越年草東アジア温帯に分布する。林下路傍に普通にみられる。は直立し多数のを出し,白い粉をふいたようになっている。茎を切ると黄色い液が出る。葉は羽状に裂け,裏面は白緑色でちぢれた細毛をもつことが多い。5~7月に,黄色い4弁の花を葉腋から出た枝の先端につける。花は数個固まって総状花序をなす。種子は長さ3~4cmの莢の中に多数生じ黒色である。有毒植物であるが,薬用とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android