コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサヒバリ(草雲雀) クサヒバリParatrigonidium bifasciatum

世界大百科事典 第2版の解説

クサヒバリ【クサヒバリ(草雲雀) Paratrigonidium bifasciatum】

直翅目クサヒバリ科の昆虫(イラスト)。鳴く虫の一つ。成虫は7~10月に出現し,生垣や低木上にすみ,は日中よりチリリリリ……という連続音を出して鳴く。鳴声の美しさから,鳥のヒバリになぞらえこの名がある。体長7mm内外。全体が淡黄褐色。頭部の横縞,前胸背板の横縞や斑点,雄の楕円形をした前翅の数個の斑点,前翅の前縁部,各脚の腿節の帯状紋などが黒褐色である。触角は長く,体長の2倍以上ある。雄の前翅の大部分は発音器で占められている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報