コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クシュンコタン占拠事件

1件 の用語解説(クシュンコタン占拠事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クシュンコタン占拠事件

1853年秋、ロシア船が樺太に到着。ロシア政府が領土拡大を目指したもので、70人以上のロシア兵が上陸。クシュンコタン(久春古丹、後の大泊。現コルサコフ)を武力行使なしに占拠した。当時の樺太では、先住のアイヌ民族に加え、南部に少数の日本人ニシン漁などのために居住しており、ロシア人、日本人、アイヌ民族が混住して越冬。約8カ月の占拠後、クリミア戦争が起きたのに伴ってロシア側が撤退し、事件は終結した。日ロ間の国境は、1875(明治8)年の樺太・千島交換条約で定まった。

(2008-05-10 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クシュンコタン占拠事件の関連キーワード白ロシアロシア遠征コロシアム小ロシア白系ロシア人ヨーロッパロシア下ろし和え下ろし歩みオロシャ労農ロシア

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone