コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クシュンコタン占拠事件

1件 の用語解説(クシュンコタン占拠事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クシュンコタン占拠事件

1853年秋、ロシア船が樺太に到着。ロシア政府が領土拡大を目指したもので、70人以上のロシア兵が上陸。クシュンコタン(久春古丹、後の大泊。現コルサコフ)を武力行使なしに占拠した。当時の樺太では、先住のアイヌ民族に加え、南部に少数の日本人ニシン漁などのために居住しており、ロシア人、日本人、アイヌ民族が混住して越冬。約8カ月の占拠後、クリミア戦争が起きたのに伴ってロシア側が撤退し、事件は終結した。日ロ間の国境は、1875(明治8)年の樺太・千島交換条約で定まった。

(2008-05-10 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

クシュンコタン占拠事件の関連キーワード徳川家慶コック=ブロンホフ聖地管理問題専修大学福山藩北欧美術明治維新資格任用制インド国鉄有珠山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone