クジラ渓谷

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クジラ渓谷

アラビア語で「ワディ・ヒターン」。4千万年前は海岸で、20世紀初頭にエジプトの学者がクジラの祖先の化石を発見、89年には世界初とされる原始クジラの後ろ足の化石が見つかった。379体が確認されている。最大で体長21メートル。全身の骨格を残す個体も多数ある。サメ、カメ、ウミヘビのほか、マングローブ海草、カバやワニの化石もあり、当時の様子を生き生きと伝える。

(2006-06-28 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android