コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クストー船長とカリプソ号

1件 の用語解説(クストー船長とカリプソ号の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クストー船長とカリプソ号

仏海軍で潜水技術を研究していたクストーは1943年、仲間と自給気式の潜水具を開発、「アクアラング」の商標で売り出す。50年、英海軍の元掃海艇(42年建造)を調査船に改造し、51年の紅海を皮切りに海洋探査に乗り出した。カリプソとは、ギリシャ神話に登場する海の妖精。後に映画監督で売り出すカメラマン、ルイ・マルの潜水撮影による「沈黙の世界」は56年のカンヌ国際映画祭で最優秀賞を獲得した。クストーは世界の海や大河を調べただけでなく、探査機器の開発や海底生活実験で海洋技術の進歩に貢献した。地球環境の保護にも強い関心を寄せ、多くの記録映像や国連の会議で自然の尊さを訴えた。こうした活動はエキップクストーが受け継いでいる。

(2006-07-06 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クストー船長とカリプソ号の関連キーワード軍艦ストークス潜水艦クストー艦艇戦隊アストリオニクスストーキングチョックストーン潜水時間

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone