クセノフォン(読み)くせのふぉん(英語表記)Xenophon Ephesius

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クセノフォン(古代ギリシア作家)
くせのふぉん
Xenophon Ephesius

古代ギリシアの物語作者。3~4世紀ごろの人。後世「ギリシア小説」とよばれるジャンルに属する『アンテイアとハブロコメス』(別名『エペソス物語』)の作者。生涯についてはほとんど不詳。その名もおそらくはペンネームか。美男美女2人の主人公がさまざまな苦難にあいながら、最後はハッピー・エンディングに終わるという、この種の物語のパターンがここにもみられる。叙述がたどたどしいので原作の抄本であろうといわれる。[松平千秋]
『松平千秋訳『エペソス物語』(『筑摩世界文学大系64 古代文学集』所収・1961・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android