コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クチベニタケ(口紅茸) クチベニタケCalostoma japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クチベニタケ(口紅茸)
クチベニタケ
Calostoma japonicum

担子菌類腹菌目クチベニタケ科のキノコ。直径 1cm前後の球形または亜球形の頭部と,数本の根のような部分とから成る。全体の高さは2~3cm。頭部の頂はやや突出して星形に裂け,小孔を生じ,その縁が朱色になり赤い唇を想起するので,この名がある。表面の色は飴色胞子子実体の内部に生じ,熟後,頂部の小孔から出る。夏秋に,山地の露出した地面に群生する。日本特産種。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クチベニタケ【クチベニタケ(口紅茸) Calostoma japonicum Henn.】

担子菌類腹菌目クチベニタケ科のキノコ。山道の赤土のがけに生えることが多い。頭との2部にわかれ,茎は土に埋まり頭だけを地面に出す。頭部は球形の袋状,中に白い粉のような胞子をみたし,直径1cmほど,袋は柔らかい皮質,表面に細かい粒つぶをおびて白っぽく,頂端に紅色に縁どられた星形に裂けた口をあけて胞子を出す。茎はあめ色で軟骨質の細いひもを束ねた形をしており,長さ1.5cmほど。胞子は楕円形,無色,表面は細かい網目状の隆起をおびる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android