コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クチベニタケ(口紅茸) クチベニタケ Calostoma japonicum

2件 の用語解説(クチベニタケ(口紅茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クチベニタケ(口紅茸)
クチベニタケ
Calostoma japonicum

担子菌類腹菌目クチベニタケ科のキノコ。直径 1cm前後の球形または亜球形の頭部と,数本の根のような部分とから成る。全体の高さは2~3cm。頭部の頂はやや突出して星形に裂け,小孔を生じ,その縁が朱色になり赤い唇を想起するので,この名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クチベニタケ【クチベニタケ(口紅茸) Calostoma japonicum Henn.】

担子菌類腹菌目クチベニタケ科のキノコ。山道の赤土のがけに生えることが多い。頭と茎の2部にわかれ,茎は土に埋まり頭だけを地面に出す。頭部は球形の袋状,中に白い粉のような胞子をみたし,直径1cmほど,袋は柔らかい皮質,表面に細かい粒つぶをおびて白っぽく,頂端に紅色に縁どられた星形に裂けた口をあけて胞子を出す。茎はあめ色で軟骨質の細いひもを束ねた形をしており,長さ1.5cmほど。胞子は楕円形,無色,表面は細かい網目状の隆起をおびる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クチベニタケ(口紅茸)の関連キーワードキヌガサタケ(衣笠茸)ベニタケ(紅茸)松露毒紅茸紅茸口紅茸スッポンタケカゴタケ(籠茸)キツネノエフデ(狐絵筆)チャダイゴケ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone