コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クナクサの戦い クナクサのたたかいBattle of Cunaxa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クナクサの戦い
クナクサのたたかい
Battle of Cunaxa

前 401年アナトリアのサトラップ (州総督) キュロス (小) とアケメネス朝ペルシアの王でキュロスの兄であるアルタクセルクセス2世との間で行われた戦い。クナクサはユーフラテス川左岸,バビロンの北方に位置する。キュロスは約1万 3000のギリシア人傭兵を含む大軍を集めてサルディスを出発。ギリシア人傭兵の活躍により,当初は圧勝し,キュロス自身も 600の騎兵を率いて善戦したが,戦死。そのためキュロス側は,総くずれとなり,約1万のギリシア人傭兵はのちの歴史家クセノフォンの指導下に黒海岸にまで苦難の撤退をした。 (→アナバシス )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クナクサの戦いの関連キーワード西・南アジア史(年表)キュロス(小)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android