クニッペル・チェーホワ(英語表記)Ol’ga Leonardovna Knipper‐Chekhova

世界大百科事典 第2版の解説

クニッペル・チェーホワ【Ol’ga Leonardovna Knipper‐Chekhova】

1868‐1959
ソ連邦の女優。フィルハーモニー音楽演劇学校卒業とともに,師ネミロビチ・ダンチェンコに従ってモスクワ芸術座の創立に参加。《かもめ》の主役を演じたことが機縁となり,作家チェーホフと結婚。終生変わらぬ愛情をもって演じ続けたチェーホフ劇をはじめ,ゴーリキー,イプセンなどの戯曲において,近代女性の哀歓,情熱,寂寥,憂愁を深い真実と詩情のなかに表現した。【野崎 韶夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android