コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クニドス Knidos/Κνίδος

デジタル大辞泉の解説

クニドス(Knidos/Κνίδος)

小アジア地方にあった古代都市。現在のトルコ南西部、ダッチャ半島の先端部に位置する。スパルタ人が築いた植民都市に起源し、のちにドリス人六大都市の一つになった。紀元前7世紀頃から芸術と学問の中心地として発展。劇場、アフロディテ神殿、ディオニュソス神殿などの遺跡がある。天文学者エウドクソス、彫刻家ソストラトスの生地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

クニドスの関連キーワードピオ・クレメンティノ美術館アフロディテ[クニドス]エウドクソス[クニドス]デメーテル[クニドス]アルタクセルクセス2世ビーナス[メディチ]エラシストラトスファルナバズスポリュグノトスバチカン美術館プラクシテレスギリシア科学テアイテトスギリシア美術大英博物館ユニコーンクテシアスエワゴラスフリュネビーナス

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android