クヌギカメムシ(読み)くぬぎかめむし(英語表記)chestnut-leaved oak bug

  • くぬぎかめむし / 櫟椿象

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昆虫綱半翅(はんし)目異翅亜目クヌギカメムシ科Urostylidaeの総称、またはそのなかの1種。体は扁平(へんぺい)で、触角は長く、頭部側縁の複眼のすぐ前から出ている。臭腺(しゅうせん)の開口部には棘(きょく)状の突起がある。日本には5種が知られる。クヌギカメムシUrostylis westwoodiは、体長約12ミリメートル、全体緑色である。クヌギ、ミズナラなどの樹幹に寒天状物質で覆われた帯状の卵塊を産む。卵態で越冬し、早春に孵化(ふか)した1、2齢幼虫はこの寒天状物質を食べて育つ。本州、四国、九州に分布する。近似種として、ヘラクヌギカメムシとサジクヌギカメムシが知られ、雄生殖節中央の突起の先端部の形で区別される。

[林 正美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android