コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クバティナン kebatinan

1件 の用語解説(クバティナンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クバティナン【kebatinan】

〈内〉〈内なる自己〉を意味するジャワ語batinに接頭辞ke‐と接尾辞‐anを付してできた抽象名詞。〈内なること〉,さらには,ジャワ教,ジャワ神秘主義,すなわち自己の内面を強める思想・知と術・行の体系を意味する。狭義にはそれは師とそのもとに集まる弟子からなるサークルまたはセクトであり,主要なものとしては,サプタ・ダルマ,スブッド,スマラなどを挙げることができる。クバティナンにおいては一般に師たることを認定し権威づける教会組織は存在せず,周囲よりその知と術を認められ師と仰がれれば誰でも師となることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クバティナンの関連キーワード墾田ジャワ語ジャワ犀ジャンバルジャンジャワ更紗V・ファーレン長崎立ち往生東白菊マイナーインジャリージャワ種 (Java)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone