コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クバン くばん

世界大百科事典内のクバンの言及

【七宝】より

…メソポタミアでは七宝は用いられていなかったらしいが,エジプト新王国時代の宝石細工には七宝技法が用いられていた可能性がある。一方カフカスでは,鉄器時代のクバンの墳墓で発見された青銅製バックルなどに,エマイユ・シャンルベが用いられている。西方ではケルト人が前5世紀以来,装身具や武器に七宝を嵌装しており,古代ローマ時代を通じ,ローマ帝国の北方の属州でクロアゾンネ,シャンルベの両技法を展開させていた。…

※「クバン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クバンの関連キーワードニコライ ヴェセロフスキイカラチャイチェルケス共和国クチュク・カイナルジ条約エウゲーニー ラチョフスラビャンスクナクバニオンラインバンキングカフカス自然保護区クラスノダール地方テベルダ自然保護区リードボーカリストイワン プイリエフアドゥイゲ共和国クバンアゾフ低地ネビンノムイスクセラフィモビッチスタブロポリ丘陵ババエフスキーチェルケススクサルマート文化スイングジャス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android