コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クビャール・トロンポン Kebyar Trompong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クビャール・トロンポン
Kebyar Trompong

インドネシア,バリ島の舞踊。クビャール・ドゥドゥクともいう。クビャールは「稲妻」,トロンポンは金属楽器名,ドゥドゥクは「足を組んですわる」の意味。 1920年頃,北バリのシンガラジャで生れた。すわったままで楽器トロンポンを演奏しながら舞踊をする形態は,南バリ,タバナン出身の舞踊家イ・ニョマン・マリオの創作である。トロンポンの撥 (ばち) や扇子をメロディーに合せて器用に動かし,目や顔,手などを巧みに使い,かつ精妙に緩急の激しい動きで表現する。踊り手はすべての楽器を使いこなし,音楽の微妙な叙情性を適確に表現できなければならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android