クビワコウモリ(首輪蝙蝠)(読み)クビワコウモリ(英語表記)brown bat

世界大百科事典 第2版の解説

クビワコウモリ【クビワコウモリ(首輪蝙蝠) brown bat】

翼手目ヒナコウモリ科クビワコウモリEptesicusに属する哺乳類の総称。首にかすかな淡色の横帯があるのでこの名がある。ユーラシア,アフリカ,オーストラリア,アラスカからアルゼンチンまで分布し,約35種があり,体長3.5~7.5cm,前腕長は2.8~5.5cmまで大きさはさまざまである。日本には北海道にキタクビワコウモリ(ヒメホリカワコウモリ)E.nilssoni parpusと,本州にニホンクビワコウモリ(クビワコウモリ)E.japonensisの2種がいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android