コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クビワミフウズラ(首輪三斑鶉) クビワミフウズラ plains wanderer

1件 の用語解説(クビワミフウズラ(首輪三斑鶉)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クビワミフウズラ【クビワミフウズラ(首輪三斑鶉) plains wanderer】

ツル目クビワミフウズラ科の鳥。この科はオーストラリアの東南部に分布する1種だけからなる。全長15~17cm,雌は雄より少し大きい。ミフウズラによく似た鳥で,雌のほうが雄より目だつ羽色をしていて,繁殖期の雌雄の役割はミフウズラ科の鳥と同様に逆転している。雄は頭上から背,尾が灰色で,細かい白と黒の縞模様があり,のどから胸腹部は白く,黒褐色斑が散在している。雌は上胸から後頸(こうけい)部を通る首輪のような白と黒の帯があり,下胸部と側頭部は褐色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クビワミフウズラ(首輪三斑鶉)の関連キーワードウズラ忍冬三斑鶉山鶉アメリカ凌霄花鶉チャボ鶉木鶴擬ウズラ卵鶉鍋

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone