クビワミフウズラ(首輪三斑鶉)(読み)クビワミフウズラ(英語表記)plains wanderer

世界大百科事典 第2版の解説

クビワミフウズラ【クビワミフウズラ(首輪三斑鶉) plains wanderer】

ツル目クビワミフウズラ科の鳥。この科はオーストラリアの東南部に分布する1種だけからなる。全長15~17cm,雌は雄より少し大きい。ミフウズラによく似た鳥で,雌のほうが雄より目だつ羽色をしていて,繁殖期の雌雄の役割はミフウズラ科の鳥と同様に逆転している。雄は頭上から背,尾が灰色で,細かい白と黒の縞模様があり,のどから胸腹部は白く,黒褐色斑が散在している。雌は上胸から後頸(こうけい)部を通る首輪のような白と黒の帯があり,下胸部と側頭部は褐色。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android