コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クベルカ‐ムンクの式 Kubelka-Munk formula

法則の辞典の解説

クベルカ‐ムンクの式【Kubelka-Munk formula】

混濁媒体において,反射率は媒体の吸収係数 K と散乱係数 S とで表現可能である.R を,下地の影響を受けないほど十分に厚い層の反射率としたとき,

となる.これが「クベルカ‐ムンクの式」と呼ばれる.反射スペクトル測定の基本となる公式である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android