コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クボガイ(久保貝) クボガイChlorostoma argyrostoma

世界大百科事典 第2版の解説

クボガイ【クボガイ(久保貝) Chlorostoma argyrostoma】

ニシキウズガイ科の巻貝(イラスト)。殻は円錐形で大きなものは高さ4cm,太さ3.5cmくらいになるが,一般はこれより小さい。巻きは5~6階で多少段々になっている。表面は黒色で,その上に斜めに走る20本内外のがある。底面にも5本内外の肋が巻いている。殻口は下向きに傾き,内側は真珠光沢があるが,へそのところの白い部分は緑色を帯びる。ふたは円形で褐色。房総半島以南の岩礁の潮間帯にふつうで,イシダタミガイなどの巻貝とともに採取され,ゆでて肉を引き出して食べたり,磯汁にしたりする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android