コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クボガイ(久保貝)(読み)クボガイ(英語表記)Chlorostoma argyrostoma

世界大百科事典 第2版の解説

クボガイ【クボガイ(久保貝) Chlorostoma argyrostoma】

ニシキウズガイ科の巻貝(イラスト)。殻は円錐形で大きなものは高さ4cm,太さ3.5cmくらいになるが,一般はこれより小さい。巻きは5~6階で多少段々になっている。表面は黒色で,その上に斜めに走る20本内外のがある。底面にも5本内外の肋が巻いている。殻口は下向きに傾き,内側は真珠光沢があるが,へそのところの白い部分は緑色を帯びる。ふたは円形で褐色。房総半島以南の岩礁の潮間帯にふつうで,イシダタミガイなどの巻貝とともに採取され,ゆでて肉を引き出して食べたり,磯汁にしたりする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android