コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クボガイ(久保貝) クボガイ Chlorostoma argyrostoma

1件 の用語解説(クボガイ(久保貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クボガイ【クボガイ(久保貝) Chlorostoma argyrostoma】

ニシキウズガイ科の巻貝(イラスト)。殻は円錐形で大きなものは高さ4cm,太さ3.5cmくらいになるが,一般はこれより小さい。巻きは5~6階で多少段々になっている。表面は黒色で,その上に斜めに走る20本内外の肋がある。底面にも5本内外の肋が巻いている。殻口は下向きに傾き,内側は真珠光沢があるが,へそのところの白い部分は緑色を帯びる。ふたは円形で褐色。房総半島以南の岩礁の潮間帯にふつうで,イシダタミガイなどの巻貝とともに採取され,ゆでて肉を引き出して食べたり,磯汁にしたりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クボガイ(久保貝)の関連キーワード鶉貝腰高雁空サラサ馬蹄螺千種貝馬蹄螺石畳貝疣細螺細螺久保貝蚯蚓貝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone