コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマエビ(熊蝦) クマエビPenaeus semisulcatus

1件 の用語解説(クマエビ(熊蝦)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クマエビ【クマエビ(熊蝦) Penaeus semisulcatus】

甲殻綱クルマエビ科のエビで,水産資源として重要である。暖海性,沿岸性で,体長22cmに達する。体は紫色を帯びた赤褐色で,胸脚と腹肢が赤いためアシアカと呼ばれることも多い。第2触角の鞭状部には多数の赤色横帯がある。水深20m以浅の泥底が漁場で,アカエビやクルマエビと混獲されるが,あまり多くない。品質的にはクルマエビに次ぐ高級品とされる。産卵期は6月中旬から9月上旬で,頭胸甲長5mm~1cmのものが8~9月の湾内のアマモ場見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone