コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマゼミ(熊蟬) クマゼミ Cryptotympana facialis

1件 の用語解説(クマゼミ(熊蟬)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クマゼミ【クマゼミ(熊蟬) Cryptotympana facialis】

半翅目セミ科の昆虫(イラスト)。日本最大のセミで,体はがんじょうで黒く,光沢がある。このような特徴から和名がつけられた。日本では関東地方から琉球諸島にかけて普遍的に分布する。体長45~50mm,前翅の開張120~130mm。体は黒色で光沢があり,腹背には白帯を装うものがある。前翅前縁脈は基方で黄緑色,雄の腹弁は長円形で一様に橙色である。腹背の白色部の大きさには地理的変異が見られ,太く2節にわたるもの,腹背全体の側方が白くなるものなどがあり,それぞれ別亜種リュウキュウクマゼミC.f.okinawana,ヨナクニクマゼミC.f.yonakuninaとして分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クマゼミ(熊蟬)の関連キーワード同翅類鍋蓋虫椿象木虱熊蝉蝉寄生蛾角蝉床虱日暮し姫春蝉

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone