クマノミズキ(熊野水木)(読み)クマノミズキ(英語表記)Cornus brachypoda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クマノミズキ(熊野水木)
クマノミズキ
Cornus brachypoda

ミズキ科の落葉高木。山地に自生し,幹は直立,分枝し高さ 10mに及ぶ。ミズキに似ているが葉が対生する点で異なる。葉は卵形,全縁で葉柄があり,支脈が多い。夏に,小枝の頂に散房状花穂をつけ,白色の小花を多数開く。萼は微細,花弁4枚,おしべ4本,めしべ1本で子房下位につく。果実は小球果で紫黒色に熟する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android