コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クメール焼と益子焼

1件 の用語解説(クメール焼と益子焼の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クメール焼と益子焼

アンコールワットで知られるクメール王朝(9~15世紀)時代に盛んに作られた陶器で、高い技術に裏打ちされたものとして知られる。櫛目(くしめ)や唐草模様がほどこされ、動物をあしらったデザインもある。13世紀後半、王朝衰退に伴い技術継承が途絶え、「幻の陶器」となった。1970年代のポル・ポト政権時代に研究資料の多くが破壊され、原料や釉薬の詳細はわかっていない。益子焼は江戸時代末期におこり、厚手の素材に赤茶色や黒などの釉薬を塗った落ち着いた色合いが特徴。

(2010-04-10 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クメール焼と益子焼の関連キーワードバルクメールメールクライアントクメールアンコールワットアンコールアワーアンシュールレッスメールクレジットモンクメール語族ベルクメールアンコールトム(バイヨン寺院)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone