クモタケ(蜘蛛茸)(読み)クモタケ(英語表記)Isaria atypicola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クモタケ(蜘蛛茸)
クモタケ
Isaria atypicola

不完全菌類モニリア目の1種。トタテグモに寄生し,クモをとり殺して棍棒形の子実体を生じ,クモの巣穴から出てくる。色は下半は白色,上半は淡紫色で,上半部に分生子を密生する。胞子はソーセージ形。広義の冬虫夏草 (とうちゅうかそう) の1種である。日本特産。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android