コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クモ膜嚢胞 クモまくのうほうarachnoid cyst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クモ膜嚢胞
クモまくのうほう
arachnoid cyst

クモ膜嚢腫ともいう。髄液槽部が異常に拡大したり,あるいはクモ膜下腔に髄液を満たした嚢胞が形成されたりする状態をいう。良性,非腫瘍性の嚢胞で,原発性と続発性に大別される。原発性は原因がはっきりしない場合で,先天異常に属する。続発性のほうは頭頂骨などの骨折や髄膜炎,脳炎のあとで起ったり,聴神経鞘腫に合併する。症状は局所の頭蓋骨の膨隆,それに伴う骨菲薄化,異常透光性などで,治療は特に症状があるときに嚢胞開放術を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クモ膜嚢胞の関連キーワード小脳橋角部腫瘍

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android