コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラ[川] Kura

1件 の用語解説(クラ[川]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クラ[川]【Kura】

ザカフカス地方の大河。長さ1364km,流域面積18万8000km2。トルコアルメニア山地(標高約3000m)の源流部から北流してグルジア共和国に入り,東に流れる。急流で山地を深く下刻する。ゴリ,トビリシを過ぎると河谷は開け,アゼルバイジャン共和国に入ると,乾燥したステップの中を曲流して流れる。中流にはミンゲチャウル貯水池と発電所が1960年代に完成した。下流はクラ・アラス(アラクス)低地を南東に流れてアラス川を南岸に合わせ,100km2の三角州をつくってカスピ海に流入する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クラ[川]の関連キーワードアゼルバイジャンアルメニアレフカス島カフカス蒸かすふかふかКавказカフカス山脈カフカスの火薬庫更かす

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone