クライシスマネージメント(読み)くらいしすまねーじめんと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

クライシスマネージメント

クライシスマネージメントとは、内部統制に必要なリスクマネージメントの特別な形。本来、会社に損害を与える可能性を「リスク」というが、損害が、企業の存亡を危うくするようなレベルである場合、リスクマネージメントとは別にクライシスマネージメントを区別することがある。例えば、テロにより自社ビルごと崩壊してしまった場合や、コンピューターシステムが完全にダウンしてしまった場合などである。そういう企業が潜在的に抱えるクライシスに対する対処措置がクライシスマネージメントで、9.11事件以降、企業の危機管理の大きな要素として徐々に認知されるようになっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android