クラウス オッフェ(英語表記)Claus Offe

現代外国人名録2016の解説

クラウス オッフェ
Claus Offe

職業・肩書
政治学者 元ベルリン・フンボルト大学教授

国籍
ドイツ

生年月日
1940年

出生地
ベルリン

学歴
ケルン大学,ベルリン自由大学

経歴
ケルン大学、ベルリン自由大学で社会学経済学、哲学を修め、1973年コブレンツ大学で教授資格を取得。’75〜89年ビーレフェルト大学、’89〜95年ブレーメン大学、’95年〜2005年ベルリン・フンボルト大学で、政治学・社会学の教授を歴任。「批判理論」の系譜に属する政治学者。著書に「後期資本制社会システム」「アメリカの省察―トクヴィル・ウェーバー・アドルノ」など。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android