コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラウディウス[2世] Claudius II,Marcus Aurelius(Valerius) Claudius Gothicus

世界大百科事典 第2版の解説

クラウディウス[2世]【Claudius II,Marcus Aurelius(Valerius) Claudius Gothicus】

220ころ‐270
ローマ皇帝。在位268‐270年。一兵卒からガリエヌス帝の騎兵隊司令官となり,同帝暗殺後帝位についた。元老院との関係は良好だったが,ガリアの反乱勢力に手をやき,東方ではパルミュラゼノビアの王権を承認してその強大化を招いた。しかしドナウ方面に進出してアラマンニ族を討ち,さらにゴート人を壊滅させて傭兵やコロヌスとし,〈ゴート征圧者(ゴティクス)〉の称号を得た。シルミウムで病没。のちコンスタンティヌス1世によって父祖と仰がれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクラウディウス[2世]の言及

【ローマ】より

…属州統治においてはとくに西部では旧来の都市同盟(コイノン)を属州会議(コンキリウム・プロウィンキアエconcilium provinciae)として利用し,皇帝礼拝を許可して帝国の統一を図った。 続く皇帝ティベリウス(在位,後14‐37),カリグラ(在位37‐41),クラウディウス1世(在位41‐54),ネロ(在位54‐68)は,アウグストゥスのユリウス家と,妻リウィアのクラウディウス家の枠内で帝位が移ったのでユリウス=クラウディウス朝と呼ばれる。ティベリウスは元老院との協調性において欠けるところがあり,親衛隊長セイアヌスの専断のゆえもあって,政治的密告と恐怖政治が続いた。…

※「クラウディウス[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クラウディウス[2世]の関連キーワード親和数クインチルス3E4E友愛数魏(中国、三国の一つ)総合年表(北・東・東南アジア)エアバスA350-XBW旅客機ゼビバイトアウレリアヌス

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android