コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラカタウ Krakatau

大辞林 第三版の解説

クラカタウ【Krakatau】

インドネシア、ジャワ・スマトラ両島の間の小島にある活火山。海抜813メートル。1883年大爆発を起こし、火山灰は成層圏に達して地球を覆い、数年間世界的な気温低下をもたらした。 → ビショップの輪

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

クラカタウの関連キーワードデュボア(William Pène du Bois)ウィリアム・ペーン デュボアウジュン・クロン国立公園ウジュンクロン国立公園ウルトラプリニー式噴火タンジュンカランクラカトア火山ビショップの輪インドネシアクラカタウ島ビショップ環クラカトア島バリサン山脈ビショップ東南アジアスンダ海峡カルデラ火山灰火山島火山塵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クラカタウの関連情報