コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラゲレ岩 クラゲレがんkrageröite, kragerite

岩石学辞典の解説

クラゲレ岩

ルチルに富む曹長石アプライトの脈岩で,曹長石,オリゴクレース,±少量のマイクロクリン,5~20%のルチルを含み,副成分には黒雲母,鉄鉱物が伴われるもの[Brögger : 1905].アクチノ閃石や電気石を含むものも知られている.krageriteは同じ岩石で字の綴りを間違えたものである[Tomkeieff : 1983].ノルウェー南部,アレンダル(Arendal)のクラゲレ(Krageroe)に因む.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android