コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラト Crato

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラト
Crato

ブラジル北東部,セアラ州南部の都市。州都フォルタレザの南南西約 400km,バランサ山脈中にあり,標高約 420m。周辺の農牧地帯の商工業中心地で,肉牛サトウキビ,米,綿花などを集散,加工する。州都とレシフェを結ぶ幹線鉄道から分岐する支線の終点。人口9万 360 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クラトの関連キーワードアンチパテル[イドメア]パントクラトール修道院ラーガー・シュテッテンエフパリノスのトンネルパンドクラトロス修道院ジョクジャカルタ王宮バーバートン型花崗岩クラトン内部の盆地ノーメンクラツーラLoveDiaryジョクジャカルタ副交感神経興奮薬ローレンシア台地ジューゴ地向斜クラシキアヌスドブロフスキーヘドロクラトンエクソ地向斜秋吉造山運動カナダ楯状地

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android