クラブツリー効果(読み)クラブツリーこうか(英語表記)Crabtree effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラブツリー効果
クラブツリーこうか
Crabtree effect

呼吸を行なっている細胞にグルコースを与えると呼吸が押えられる現象。イギリスの H.G.クラブツリーが酵母について最初に見出した (1929) ので,その名で呼ばれる。抑制の機構については,糖の発酵が行われることによって細胞質で アデノシン二リン酸 ADP+無機リン酸→アデノシン三リン酸の反応が進み,酸化的リン酸化に必要な無機リン酸あるいは ADPがミトコンドリア内で枯渇するためとの解釈がなされている。動物では腫瘍細胞などで,この現象が著明にみられる。酸素の存在で解糖あるいは発酵が押えられるパスツール効果の相補的現象なので,逆パスツール効果の名で呼ばれることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android